本文の始まりです

委員長

中谷 日出

[NHK解説委員(芸術文化、デジタル関連担当)]

東京芸術大学大学院美術研究科修了。広告プランニング、映像アートディレクターとして活動後、キャリア採用でNHK入局。 1999年6月NHK解説委員(芸術文化、デジタル関連)。デジスタ第1回目からナビゲーターを務める。メディアリテラシーに取り組む一方、経産省「マルチメディアグランプリ審査委員」、Gマーク選定委員などでも活躍。

小林 茂

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]産業文化研究センター 教授

博士(メディアデザイン学)。1993年より電子楽器メーカーに勤務した後、2004年よりIAMAS。主な活動にプロトタイピングのためのツールキット「Gainer」「Funnel」「Arduino Fio」の開発。著書に『Prototyping Lab』『+GAINER』など。2008年にIPA(情報処理推進機構)よりスーパークリエータに認定。最近の活動として、地場産業と情報産業から多様なスキルや視点、経験を持つ人々を集めてイノベーション創出に挑戦する取組み「コア・ブースター・プロジェクト」を実施。

宝珠山 徹

[西日本工業大学デザイン学部 准教授]

公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会[JAGDA]などを経て2007年より現職。研究テーマは「デザインプロセスとリアリティ」。デザイン、アートとテクノロジーの融合領域について、メディア表現・東洋思想・複雑性から考えている。情報科学芸術大学院大学[IAMAS]修了、九州大学大学院芸術工学府博士後期課程単位取得退学。

本文の終わりです